読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

商業主義の夏

ああ、夏か…。と思う。毎度の事だ。今年の夏は、と期待する。から裏切られる。そりゃそうだ。

夏になると、世の中は希望でいっぱいであるように思います。夏休み、たまの長期休暇には何しようかと世間が浮き足立っている。自分も同じです、やはり夏にはそれらしい爽やかな音楽でも聞きながら、袖を捲ったパーカーで颯爽と歩きたくなる。

けれど、そんな事をしているとふと、果たして自分は夏というものを過ごしたことはあるのだろうか?と思うんです。真夏の空の下、皆砂浜で笑いあったり、夜に公園で集まって線香花火を見つめたり。皆で浴衣で花火大会に行ったり。そんなパッケージされた夏。

ああそうか、自分は夏を経験したことがないのか、と。…いやこれは単にそれらしい事を書いているのではなく、なんとなく「夏を経験したことがない」と思うという話です。だから夏というものに実体を感じないこともあって。

…まぁ、雑に言えば、

(´・∀・`)
「いや、そんな絵に描いたような『夏』って、ある???↑」

です。

我ながら冷めた物の見方と言わざるを得ないです。もっと純粋に「夏だー!」なんて言えばよいものを。

でも、それでも夏を諦めきれない自分がいます。それは、ひょっとすると、日々小さな夏を感じているからなのかなと思います。帰って冷凍庫に入っているカチコチのアイスを食べる時だとか、やけに高い角度からの熱い光を浴びる時だとか、夏祭りを1人遠くから眺めている時だとか。そんな夏、寂しすぎやしないか、というご指摘はごもっともですが、自分にとっては突然よく分からないほんの少しの夏が訪れたりするんです。所詮そんなもんだと思っています。

その少し。その少しの意地が悪くて。その意地の悪さにいつも引き留められるんです。なんでも。全部。それが悔しい。

まだ僕のもとに夏は来ていないです。たぶん。死ぬまで来ないんでしょうね。

商業主義の夏を諦めきれない、往生際の悪い自分がいます。

*****

あ、

申し遅れました。

本公演では、照明のプランやってます、照明・映像2年の野口です。

本公演でプランを担当するのは初めてです。

まだまだお芝居は見えてきていないですが、男同士故に演出と分かりあえる事もあるんじゃなかろうかと思っています。
(特に今回のお芝居においては…?)

どうぞ、

よろしくお願いいたします。

では。

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

バニラ系かつ清涼感も得られる爽は天才的なアイス

じわじわと気温が上がってきて、照りつける太陽を恨めしく感じるようになってきました。
だんだんと湿度に不快感を覚えるようになってきました。
蚊の羽音が払っても払っても鬱陶しく耳元をかすめることが多くなってきました。
夏という季節は何故こんなにもストレス値が上がる要素が多いのでしょうか。
言わずもがな、私は夏が嫌いです。

この季節の唯一のいいところはアイスが美味しくなることくらいでしょうか。
年中アイスを食べる人種の私は基本的にバニラアイス派ですが、夏だけは清涼感を求めてシャーベットやアイスキャンディーにも手を出します。
そして、先日とうとうみかんがガツンって感じのアイスを食しました。
世間的には早いかもしれませんが、暑がりで汗っかきの私にはもう夏です。
これから先、まだ七月と八月が待ち受けているというのに先が思いやられます。
本当に夏とか勘弁してほしいです。

……というふうに、毎年のごとくこんなヘイト感満載に夏を迎えているわけですが、今年はまだ夏公演の準備を通して夏の訪れを感じ覚悟しているので、私の中の季節はこれでも比較的緩やかに移ろいでいるほうです。
私が担当している宣伝美術は画面とにらめっこしたり紙を前にうんうん唸ったりする比較的インドアなセクションですが、ペンキ作業などアクティブに太陽の下で格闘することもあるので、まぁ蚊に刺されたり焼けたり汗をかいたりするでしょう。
そんな時にはまた清涼感を得られるアイスを食べて元気を出しながら乗り越えます。
バニラ系もはさんでいきます。
そんなこんなで汗水垂らして作った、文字通り汗の結晶とも言える宣伝媒体が何かしらの形でお客様を公演へ劇場へとご案内すると思いますので、お時間があれば何卒よろしくお願いいたします。


宣伝美術 濵崎久美

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

ただしカロリーはないものとす

夏とかほんと好きじゃありません!
宣伝美術2年の伊藤と申します。


ふらっと立ち寄ったお店でアイスを衝動買いするようになると、夏です。

空きコマの購買然り、休憩時間のコンビニ然り。

夏は特にフルーツ系や氷菓系のアイスが好きです。
すっかり高くなった体温を下げつつさっぱり喉も潤せるんです。手放せません。

ついこの前食べた白桃のICEBOXがとても美味しかったです。
果汁80%ですよ。もうほぼ果汁です。すごい。


あとミニストップでハロハロが発売されたらもっと夏です。

学校の真横にミニストップがあるので、つい立ち寄ってしまう日々が始まります。

今年はラムネ、フルーツ杏仁、みたらし団子の3種類があるそうですよ!どれも美味しそうで最高ですね!楽しみです!


夏公演は6月上旬です。

気温も湿度も厳しくなり始める頃だと思いますが、いっぱいアイスを食べて頑張ります!

皆様も是非アイスを食べつつ観に来てください!

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

蝉が鳴く頃

夏は気づいたら始まってます。
いつの間にか涼しくないむわっとした風が吹いていて
いつの間にか家から駅まで歩くだけで汗だくで
いつの間にか蝉がそこらじゅうで鳴きまくってて
うるさいなと思った時初めて夏が来たことに気付きます。

そしていつの間にか、綺畸での生活も終わろうとしているようです。

3年の夏まで続けてるかな〜なんて1年生の時は思っていましたが、なんだかんだ居座っていました。

中高で部活に入っていなくて、先輩後輩同期という存在がどんなものなのか知らなかった私に綺畸はたくさんのことを教えてくれました。

このブログを書いているのは最後の夏公演の1ヶ月前なのですが、
ぼけっとしてたら一瞬で過ぎていってしまうのでしょうか。

とっても月並みな事しか言えないのですが、この仲間で作る最後の作品を全力で楽しみながら頑張っていきたいと思います。

駒場小空間で、ロビーで、お会いしましょう。


制作3年 石井優子

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

懐古厨

高校時代、合唱をやってました。

早く部活に行きたい一心で、教室から音楽室までのびる渡り廊下、その渡り廊下を、衣替えしたばかりの制服で必死に駆けました。

前を走る部員の髪が夏の風に吹かれたその瞬間、彼女の背中が果てしなく遠く感じられました。


私は今でも、渡り廊下を走っています。

 

役者、小道具2年 笹原花

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸20167年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

次なんてものはない

同期に「なんかCMとかで汗だくで海岸走ったりしてそうだよね」と言われたことがあるんです
それを言われるきっかけになった役が、たぶん去年の4月に演じたものなんですけど、
先輩から「今にも死にそうとかじゃなくて、次の季節が巡ってくる系の女子でいて」というアドバイスを受けたんですよね

今回のブログのテーマの、「夏の始まり」について考えていて、それをふと思い出してしまいました
四月の物語だったから、次の季節は夏なんだよなぁとか、そんなことをぼんやりと考えていたので

それでその劇のことを思い出しました
印象的なセリフがあるんです
「次なんてものはない、あるのは今だけだ」

劇中、このセリフは何度も繰り返されるんですけど、当時の私はあまりピンときていませんでした
ですが今、21歳になって、そして、劇団綺畸の引退を目前にして、このセリフを何度も反芻している自分がいます

考えごとがたくさん増えました
この先のことを、次のことを考えていくのが、とても難しくなったのを感じています
実は去年先輩方はこんな思いでいたのかもしれないなんてことを考えました

だからといって
次なんてものはない、と言ってしまったらどうしようもないやんけ、と思います
私を待っている次、私が作っていく次、というものを見据えていかねばならないと思います

でも、この公演が終わってしまうまでの1ヶ月と少しの間だけは、
目の前にある今のことだけを見つめていきたいです
新しく劇団綺畸に入ってくれる新人の皆さんと、アクも芯も強い同期と、それに負けず劣らずな後輩たちと、これまで積み重ねてきたもろもろのこととでしか作ることのできない今だけを、確かなものとして信じていけたら、と思います

これだけは確かだと胸を張って舞台に立てるよう、頑張っていきます

役者・web3年 東


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸20167年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

新人公演稽古場ブログができました!

劇団綺畸2016年度新人公演『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』の稽古場ブログができました!

新人一同稽古に励んでおります。公演とともにこちらのブログも楽しんでいただけますと幸いです。

http://kiki2016freshers.hatenablog.com