読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

また来る夏はなんだろう。


こんにちは。

照明、小道具の高田です。



テーマがないって書くの難しいですね。

ということで、照明はプチテーマを勝手に作りました💡



ででん。

テーマは「森」

森?と思った方もいると思うので軽く説明を。


綺畸の照明は「3ギャラの森の民」と呼ばれており、今回はそんなゆかいな森の仲間たちをご紹介したいと思います。



つまり、照明セクションの他己紹介です 笑




ではでは、まずは、同期のもえかから。


綺畸の照明が「森の民」と呼ばれるようになった主な原因です。

力が人よりちょっと?強くて、平台10枚もちょちょいと動かしてしまうため、森のとある動物の名前があだ名についています。(察して下さい


もえか「ニンゲン ミナ ヨワイ ダカラ マモル」


まぁでも、強いっていうのは、力だけじゃなくて、なんて言えばいいのだろう。

一緒にいると心強くなるような、どこか安心するような、そういう強さが彼女にはあります。


いつもその強さに助けられています。

ありがとう。


まだ、出会って1年ちょっとしかたってないのに、私よりも私を知ってるみたい。

不思議だね。


最近の小屋入りでは、ちょくちょく一緒に歌う仲でもあります 笑

今回は何歌おっか?





次は、先輩の水ノ上さん!


水ノ上さんは、たぶん「おいでよ どうぶつの森」の方の住民さんです。

もえかの森とは質が違う。



お父さんみたいな先輩です 笑


優しさと、ちょっぴり厳しさを持って、私たちを見守ってくれる先輩です。


たまに、私たちがはしゃいでいると、パシャパシャとカメラの音が水ノ上さんから聞こえてきます。

お父さんのカメラの中には、いろいろ私たちの変な写真があるんだろうなぁ…。(冬公の写真ください)




本当は、


先輩!私できます!任せてください!

って、もっと自分がしっかりしなきゃいけないことはたくさんあって。


でも、先輩がいるとやっぱり安心して。

先輩、先輩!と頼ってしまうので、いつまでもなかなか先輩ばなれができなさそうです。

困った困った。ごめんなさい。




大好きな、同期と先輩です。

私のワガママも、弱さも受け止めて、それから背中を押してくれる人たちです。

いいでしょ、素敵でしょって本当はもっともっと自慢したいくらい。

でも書ききれないのでこの辺で。








劇団綺畸に入団して1年。


2度目の夏がやってきます。 



大好きな先輩、同期、そして後輩もできて。

このメンバーでつくる最後の公演です。



ぜひ、観にきてください。



駒場小空間の森で、お待ちしております。



劇団綺畸2016年度夏公演『馬刺』

作・演出 齋野直陽

6/9(木) 19:00

10(金) 19:00

11(土) 14:00/19:00

12(日) 14:00/19:00

駒場小空間

入場無料カンパ制

予約不要・全席自由席

受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。



追伸 


今度、照明でどこか行きたいですね。直接誘うのが恥ずかしいので、ここで。