読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

まじめに考えました

こんにちは。

劇団綺畸照明、小道具2年の松田です。

ブログテーマがあると「テーマがあると書きにくいんだよね」と思ってましたが、テーマがないとなると「なんでテーマないんだよ」って思いますね。

理不尽です。


さて、今回照明セクションは他の照明員の紹介をします!

それぞれがそれぞれをどう思ってるかわかっちゃうわけですね、どきどき。


というわけで、まず…

同期のまい!

まいとは、びっくりすることに本当に全部一緒なんです。照明、小道具のセクションも、学科も、とってる授業も。"縁"というには生ぬるい。もはや因縁。

そんな訳で必然的に一緒にいる時間も長いのですが。たまにふと「まだ1年ちょいの付き合いなんだな」と思って驚愕します。…よくこんな状態になったな。

さてさてそんなまいは…変な子です(まいごめん)。一緒にいるときは9割中身のない話をしてます。小屋入りが近くなって追い詰められると替え歌作って披露してくれちゃったりします。ちなみに映画に行くと隣でビビってるから映画の内容半分くらいしか入ってこないです。

でも頼りになるんだよ。

自分を追い詰めて頑張りすぎちゃうから私心配。

私の精神安定剤です。いつもありがとう。


次は…

水ノ上さん!!

水ノ上さんはスーパーマンです。本当に。

同期に他の照明がいない中でなんとか綺畸の照明が消えるのを防いでくれてました。やることいっぱいあるはずなのに夜遅くにしつこく質問とかしても長文でとってもていねいな返信をくださいます。

それに対抗して私も長文のメールを送り返したりしてます。…ごめんなさい。

小屋入り中にはカメラを構えて熱心にに写真撮影しています。育児パパ顔負けです。

ちなみに階段室に缶コーヒーが毎朝少しずつ増えてくる現象は彼の仕業です。

全部、全部含めて本当に大好きな直属の先輩です。


はい、今の綺畸の照明はこんな感じですね。

ブログ、いつもの数倍まじめに書きました。


駒場小空間で待ち受けているのはこんな人たちばかりですが、何かの縁でもし駒場に来ることがあり、公演を見てくださったらうれしいです。


気が向いたときにでもお越しください。


劇団綺畸2016年度夏公演『馬刺』
作・演出 齋野直陽
6/9(木) 19:00
10(金) 19:00
11(土) 14:00/19:00
12(日) 14:00/19:00
駒場小空間
入場無料カンパ制
予約不要・全席自由席
受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。