劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

作・演出:『寄る辺のない』

当公演で作演出をする酒井健介です。

『寄る辺のない』という結構渋いタイトルをつけさせてもらって、宣伝物も松戸の駅前の写真を使った、味わいある仕上がりになっていることからも分かる通り、思ったより真面目な話を書いてしまいました。

月末に閉店を控えるカラオケ店のある日のフロントでの話。バイト先という経歴も年齢も全然違う人たちが集まる、ある種特殊な空間。正社員もいればフリーターもいれば大学生や、専門学生などなど。そういう人たちが、店が閉店するって時に何してるのっていう演劇です。

お客さん全員が、手放しに「面白い」って思えるかは正直未知数なんですけど、お客さん全員が、どこかで面白がれそうな劇にはなったかなって思ってます。そういう意味だと、どのお客さんもあまり取りこぼさない、間口の広い演劇だと言えるかもしれません。

なので、観ていただく方々には存分に面白がってほしいというか、ぜひあの、肩肘張らずに観ていってください。全然難しい劇ではないので。その空間に身を委ねるような感覚でいてもらえばと思います。

それと、もう一つ。
僕含め、2022年に入団した団員は、本公演が劇団綺畸での最後の公演になります。劇団綺畸は今年の新入団員が加わり、今や3代合わせて約60人もの劇団員が在籍しています。もちろん、ここまで大きな組織になったのは、諸先輩方がコロナ禍を乗り越え、劇団綺畸の存続に尽力してくださったお陰であり、その功績は忘れてはいけない事だと考えます。

人数だけでなく、在籍するメンバーの個々の能力、セクションとしての力も非常に高く、公演の中でできる事も非常に幅広くなってきました。

何が言いたいかというと、そんな成熟した組織で、しかも自分の代の引退公演で、作演出ができることを、僕はとても誇らしく思います。

 

当然ですが、来場いただいたことを後悔させないような公演にします。ぜひ6/7〜9は、駒場小空間へ足をお運びください。

 

 

=======

★公演詳細

劇団綺畸2024年度夏公演『寄る辺のない』
作・演出/酒井健

■日程

2024年6月7日(金) 19:00~
2024年6月8日(土) 14:00~/19:00~
2024年6月9日(日) 14:00~

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※ご予約いただきましても、開演5分前を過ぎますとお席をご用意できない場合があります。お早めにご来場くださいませ。

■会場

駒場⼩空間(東京⼤学駒場キャンパス多⽬的ホール)
京王井の頭線駒場東⼤前」駅東⼝より徒歩7 分

■予約フォーム

下のフォームからご予約を承ります。
特定の劇団員扱いでのご予約については、各劇団員までお問い合わせください。

予約フォーム(劇団扱い):劇団綺畸『寄る辺のない』チケット予約フォーム

■特設サイト

公演の情報をまとめた特設サイトが公開されております。
以下のリンクから是非ご覧ください。

特設サイト:寄る辺のない | 劇団綺畸2024年度夏公演

★新人公演映像公開

劇団綺畸2023年度新人公演「彗星に乗って彼方へ」の映像を公開しています。
以下のリンクから是非ご覧ください。

youtu.be