劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

終演しました

終演しました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

今公演のブログテーマは「中学・高校の頃の話」だったのですが、僕は作演のくせに全然テーマと関係ないブログを書いてしまったので、ここでちょっとだけ書きます。

「書きます」と言っても、書くべきことはあんまりない。
中高6年間の僕は、恋にも部活にも勉強にも全く励んでいなかった。
恋愛なんてほんとに一切なかったし、部活はめんどくさくてほとんどいかなかったし、勉強したのは試験前の1週間だけだった。
いっそ逆の方向に振り切って、ずっとひきこもって不登校やってて、友達なんてひとりもいなかった、なんて感じなら、まだその方が個性になったのかもしれないけど、学校にはちゃんと通っていて、教室でだべる相手も普通にいた。
まあなんというか、良い方向にも悪い方向にも突き抜けてないけど、良いか悪いかで言えば地味に悪い、みたいな、だいぶつまらん6年間を過ごしていたわけです。

で、そんな僕が劇団綺畸というサークルに入ったのには、大した理由が全くない。
それまで演劇なんて一度も観たことなかったのに、「大学入ったら演劇やろう」というのだけがなぜかあって、東大にあるいくつかの演劇サークルの中から綺畸を選んだ理由も、はっきりとはわからない。

だから、なんだかちょっとでき過ぎているんじゃないか、という気がします。
自分が脚本を書いて、何人もの劇団員と話し合って、衝突したり和解したりしながら、なんやかんやひとつの劇ができあがる。
そしてその劇を何百人もの人が観に来て、賞賛したり批判したり、中には感動する人さえいる。
なんだかちょっとでき過ぎている。
自分はすごく幸運なのだと思う。

幸運だと思うことがもうひとつ。
自分が好きだと思えるものを一生懸命つくることはできても、そうして出来上がったものを自分以外の人も好きになってくれるかどうかは、結局のところ全くわからない。
そこにあるのは、「自分はこんなにも好きなんだから、他の人もきっと好きなはず」という片思いじみた願望ばかりで、だからこそその成就は、幸運という以外に呼びようがないのだと思います。

引退します。
何の悔いもないです。
というか、これで何かを悔いていたらバチが当たる。
改めて、ご来場くださった皆様、それから、今まで一緒に演劇をやってきた劇団綺畸の皆、本当にありがとうございました。


作・演出
中石海

「夏」

中学も高校ものんべんだらりと過ごしてまいりました。
ただ、努力したという気分になるのは得意でした。

そんな自分を変えたくて劇団綺畸に入りました。
いろいろなことがありました。

まずはじめに「ひとのために」を覚えました。
一年間ひとのためにはたらきました。
そうしてる間に、ひとのためだけに働くことは、だれのためにもならないことに気がつきました。

3年生になったいま、自分も含めたみんなのために、演劇をすることを発見しました。
すごく、すごく変われたのだと思っています。

夏。夏です。3回目の夏です。

私にとって季節は劇団綺畸でした。

『馬刺』。その煌めき。憧れ。強い希望。
『鴉神話』。責任。自負。焦燥。

『竜骨の上で児戯』。これで最後の夏です。

長かったなあ。
でも短かったなあ。

もう十分だなあ。
でももっとずっとこうしていたい。

劇団綺畸が終わったあとも、私に季節はあるのでしょうか。

主宰を勤め、私を支え続けてくれた笹原と、たくさん傷つけあいながら助け合いながら走り抜けて来た中石、私を導いてくれた先輩たち、劇を共に作り続けて来た同期の全員、辛いときに元気と笑顔をくれた後輩たち。
本当に本当にありがとうございました。

劇団綺畸で、演劇をしていました。

舞台 小林可奈

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸団歌〜頑張って〜

舞台監督の近江です。
僕は小卒で、中高の思い出がないので昔作った劇団綺畸団歌で許してください。

-----------------------------
『劇団綺畸団歌 ~頑張って~』
作詞作曲 遠江諒哉

《1番》
緑茂る 駒場の森の
あんま緑がないあたり
四角いコンクリ威風堂々
我らが駒場小空間

映えろ役者
照らせ照明
鳴り響かせろよ音響
(舞台は黙って叩いとけ)
魅せろ衣裳
伝えろ宣美
もてなせ制作
(舞台は黙って叩いとけ)


国興る基つ力を
古へ今の書 明からめて
輝く歴史を 新たに書かむ
その眉若き 命は燃えて
真実に勤しみ学ぶ (yeah!)

《パートB》
夏公 夏合宿 冬公 新公
それぞれ魅力はあるけれど
けれどじゃねえや、間違えた
全部見にきてほしいでござる

(*繰り返し)
(*比較的大きな声で繰り返し)
------------------------------

先輩方はあと少しで引退ということで悲しみの涙で砂漠にオアシスができました。(お花も咲きました)
また叩き場とか是非遊びに来てください!全然差し入れとかいらないんで!ほんと、差し入れとか、いらないんで!

舞台監督・舞台2年 差入れ欲太郎

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

次なんてものはない、あるのは今だけだ

タイトルはことあるごとに思い出し鼓舞されてきた、1年生の時に見た新歓劇のセリフです。思い返してみれば、全力で一塁を目指して走っていた中学のときも、死ぬほど暑い音楽室で歌い続けた高校のときも、今しかないんだ、とその瞬間瞬間に無我夢中になっているうちに、本当に次なんてものがなくなっていたように感じます。

綺畸の二年間もそうです。演劇は刹那的な営みで、だからこそ私は演劇に惹かれているのですが、今だけだ今だけだと言い聞かせているうちに、ついに引退公演になってしまいました。
次なんてものは「本当に」ありません。

最後のブログということで、今だけだと駆け抜けた二年間の公演を、その公演で印象に残っているものとともに振り返ろうと思います。

ーーーーーーーーー
1年夏公演
楽ステ集中

先輩方が泣き、笑い、抱きしめあいながら声を出す姿をハケからただ眺めていました。ハケと舞台上の距離が恐ろしく遠く感じられたのを覚えています。私も最後、あんな風になるのでしょうか。
ーーーーーーーーー
1年夏合宿
夕暮れパラレリズム/ESNO feat. daoko

ラストMです。イントロを聴くと、キャンプラ屋上で練習したことを思い出します。あの日、本当に暑かったな。
ーーーーーーーーー
1年冬公演
チョコレート

金ソワの日の昼に、主宰にチョコあげると楽前廊下に呼び出され、お前が新歓隊長や!と言われました。もっとカッケェ主宰になりたかったなど、後悔はつきませんが、この立場が自分を成長させてくれたのは確かです。ちなみに今年はプリンをあげました。頑張れ。
ーーーーーーーーー
新人公演
劇団champion

当時の同期役者ラインの名前です。「演劇界のチャンピオンになる」という1人の意気込みから勝手につけられました。絶妙なダサさ加減がめちゃくちゃ気に入っています。あの時は最後3人になるなんて全く思ってなかった。また、今は亡き劇団championでキャストリ練がしたいなあなんて考えてます。お前ら来いよ!
ーーーーーーーーー
2年夏公演

今思えば、現役者同期と絡める貴重な機会でした。2人とは仲良しというのも違う、名状しがたい関係ですが、2人がいなかったら今の私はいないだろう、と本気で思うくらいには大事な存在です。今まで本当にありがとう。
ーーーーーーーーー
2年夏合宿
きっとあの漫画のせい/SHISHAMO

聴いた瞬間使うことを決めた個人発表のM。「あなたのせいじゃなくて、漫画の女の子が可哀想だから泣いてるの」と主張する女の子がダサすぎで共感できすぎて好きすぎる。後輩のパワーあふれる個人発表を観て、これからの稽古場にワクワクしました。
ーーーーーーーーー
2年冬公演
内部事

同期チーフの引退でした。苦しい時のみんなを一部でしかないけど見ていたから、楽しかったという言葉がすごく嬉しかった。みんなの清々しい顔が印象的で、いい代になったんじゃないかなあとしみじみしていました。
ーーーーーーーーー

喉元過ぎれば熱さを忘れるタイプの人間なのでだいぶ美化されていますが、劇団綺畸での二年間は間違いなく私の青春です。劇団綺畸じゃなかったら、こんなに悩んだり泣いたりすることはなかった。でも劇団綺畸じゃなかったら、こんなに自分の団体に真面目に、正直に向き合うことはなかったと思います。

二年間の集大成です。次なんてない、今ここにしかない私たちの演劇を、どうか目撃してください。


劇団綺畸役者3年 主宰
笹原花

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

ふわふわ

東京の田舎の中高一貫の女子校出身です。
今思うと私の同級生はみんな天使だったんじゃないかってくらい、純粋で優しくて大人だったようにおもいます。多分すごく美化されてるんですけど。
ふわふわした天使に囲まれていた私は、殆ど何も考えずに生きていて、毎日、中身のない会話をしたり、美味しいものを食べたりして過ごしていて(勉強をすると蕁麻疹が出るので勉強はしませんでした)もちろんその中でも色々あったのはあったんですけど、それは薄い膜で隔てられた先で起こった出来事みたいで、不思議と、あんまり現実味がなくで、全部が全部、いつかはなんとかなるだろうっていうようなものだったような気がします。
そんなわたしが大学生になって、このままふわふわ生きてくはずが、なんの間違いか、ふわふわとは正反対の劇団に入ってしまいました。
劇団綺畸で起こる出来事は全部がリアルで、今まで身の回りの出来事は全部他人事みたいだったのに、今では他人の出来事ですらまるで自分のことのように感じてしまいます。


上の文章は、締め切りに余裕のあるときに書いていたものです。最後まで書ききれなかったけど。
最後のブログ、何を書こうかすごい迷って、迷って迷って、まだ全然まとまりきらない。
言葉にするのが苦手なので、言いたいことはたくさんあるのに、言葉にした途端全部嘘みたいになってしまいます。だからってなにも言葉にしないのはそれはそれで違う気がする。人に何かを伝えるって難しいですね。

 

役者同期の2人のことがだいすきです。どこがだいすきなの?って聞かれると上手く言葉にできなくて、とても困るんですけど、彼女たちは2人とも、役者だ!って感じがして、自分の軸を持っていて、かっこいい。もちろん、一緒にやっていて合わないことも、むかつくこともたくさんあるんですけど、それでも私たち三人がずっとこうして一緒にお芝居をすることができたのは、本当に大切にしたい部分が似ているからなのかなとか思ったりします。わたしの思い違いじゃなければ嬉しいです。 わたしは、これからもずっと2人のことを応援していたいし、尊敬してます。


今公演の作演くらいの文章力があれば、もっとちゃんとしたことが言えるのかと思うと、今だけでいいから脳みそ貸して欲しい気持ちになる。

 

わたしの中高時代の思い出は、あたたかくてたのしくて優しいものであふれてます。劇団綺畸での思い出は、すべてがやさしいとはかぎらなくて、くるしいこともたくさんありました。思い返してみれば楽しいことばかりだった、なんてことは口が裂けても言えない。
それでもわたしは続けてよかったと思います。だいすきな同期ができました。困ったときに相談できる先輩がいてくれる。後輩はかわいくてみてると元気になる。そして、結局これが1番になってしまうのがなんだかくやしいですが、お芝居はたのしい。すごくたのしい。なんだかんだたのしくて仕方がないことを最後までできた。そのことがすごく嬉しいし、よかった!っておもいます。よかった!よかったなあ。よかったね!!!


夏公演、がんばります!


役者三年 尾内蓮

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

頑張ってね、頑張りたいね、頑張ってるね、頑張ったね

引退公演を迎えてしまいました。

何かを引退するのは中高の部活以来、2度目です

中学1年にしてなかなかクズだった私は、厳しいのとか忙しいのとか大変なのとか苦手だし、部活動に時間を拘束されたくなくて、帰宅部に入ろうとした

………ら、何か部活に入らなければならず、しょうがなくバスケ部に入りました
バスケ部といっても想像されるような厳しいものではなく、週1回しか活動のない、ゆるーい部活で
冷めてたからか、一歩引いて見てて、がむしゃらになることもなくて

青春を無駄遣いしちゃったかもしれないなんてたまに思うけど、それはそれで楽しかった

だからどうして、劇団綺畸なんかに入ってしまったのか……

もっとキラキラワイワイウェイウェイ、パーティするような道もあったはずで(それはない)

なんでこんな時間とお金と労力をかけてしんどいことしてるんだろう、って辛くなる瞬間も確かにあって、頑張りたいという気持ちに色々追い付いていかないこともあって、でも、みんなで同じ方向を向いて、試行錯誤しながら何かを作り上げるって、実はすごく貴重な経験で、単純に、好きだなぁって感じます

愚痴と涙ばかりの2年だったけど、それでも、すっかり劇団綺畸に染まってしまった私は、私なりに、頑張れてたのかな

……と、感傷に浸る前に最後の夏公演、頑張ります!

照明・映像 3年 塩崎

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

さみしいね

 

今年で出会って9年目になる演劇のことを、ずっと1番に考えて生きてきました。

暗い景色ばかりでした。他の人からしたら大したことないことだったのかもしれないけど、わたしにとっては事件の連続で悲しいことがたくさんあって、8年間でどれだけ泣いたかわかりません。多分、ずっと辛かったし苦しかったし逃げ出したかった。

なのに舞台に立った時の照明のまぶしさから逃げられませんでした。
どんな暗い景色の中走っていたとしても、舞台上から見える光だけがわたしの全てで、続けることがわたしの正義でした。

高校で終わりにしておけばよかったのに、まぶしさだけのためのもう一回が重なっていつの間にかこんなに遠くまで来てしまいました。

多分、わたしの1番が他のものの入る余地無く演劇である人生はここで終わりになるんだと思います。そうやって身を削りながら生きていける人間ではないって気がつく機会がそれなりにありました。演劇に全てをかけられる人生に憧れていましたが、わたしはそこまでストイックではないようです。
今回で演劇から足を洗うわけではないけれど、やはり引退というのはわたしにとっての一区切りです。なにかの終止符です。

ずっと辛かったし、苦しかったし、逃げ出したかった。
演劇が好きかどうかなんて最後までわからなかった。好きかどうか考える余裕なんて無いまま、まぶしさに魅せられてここまで走ってきました。
もしかして、この公演が終わってからようやく演劇に正面から向き合えるのかもしれません。部活だから、サークルだからって言えなくなったわたしが演劇を続ける理由なんてもう、わたし自身がまだ演劇を続けたいから以外にありません。

劇団綺畸としてのわたしが最後に舞台から見る景色はどんなだろう。舞台上にだけ存在したわたしの正義は、最後に輝いてくれるかな。わたしを照らしてくれるといいな。

わたし、最後にもう一度、あのまぶしいところに行けるのかな。


佐藤晴香

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
劇団綺畸2018年度夏公演
『竜骨の上で児戯』
作・演出 中石海
6/14(木) 19:00
15(金) 19:00
16(土) 14:00/19:00
駒場小空間
全席自由席
入場無料・カンパ制
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰