劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

自由帳戦争

自由帳の真っ白なページを開く。左側のページが僕の陣地で、右側のページがまさし君の陣地である。自分の陣地を、無数の小さな丸でただひたすら埋め尽くしていく。ボールペンで書かれた半径1ミリほどのこの丸を、僕たちは歩兵と呼んでいた。真っ白な1ページを余すところなく丸で埋めていく作業は途方もなく時間がかかるものであり、今となっては、その無味乾燥な単純作業の果てしなさや目と腕の疲れを想像して閉口してしまう。

しかし、ぼくとまさし君は、これを開戦準備と呼んで、暇さえあれば自由帳を開いてせわしなく手を動かした。席が左と右で隣同士の僕とまさし君は、休み時間になると、来る決戦の日に向けて、ただ丸を書いていた。途中で面倒くさくなったまさし君は、筆記体で小文字のLを続けて書くように、一筆書きで歩兵を大量生産していたが、僕はそれを嫌った。あくまで、ちいさな丸を一つずつ書くことにこだわった。それは、単にそうした方が面積に対してより多く歩兵を書くことができると考えたからだったと思うが、米粒のようにいびつな形をした丸や、たまたま上手く書けた綺麗な円形の丸のそれぞれを、それぞれとして扱いたかったという気持ちもあったように思う。だから決まってこの開戦準備は、左の席に座る僕側の陣営の方が時間がかかった。でも僕にとってそれは、決して無味乾燥な作業のための時間ではなくて、開戦への期待とわが軍への愛着を膨らませるための時間だった。

宣戦布告と意味も分からず叫んで開戦した後は、今度は自由帳の左右を反転させて、相手の陣地のページをボールペンで塗りつぶす。制限時間はだいたい30秒くらいだったと思うが、その間にただひたすら、何かを殴り書きするかのように一心不乱にボールペンを動かして、まさし君がおしまいと言う頃には、自由帳はもう真っ黒に塗りつぶされるどころか、左右のページがボールペンの先で破かれていて、隣の数ページまでボロボロになっている。開戦準備までの、呑気にただ丸を並べていた風景は、ボールペンの暴力的な動きによって一変し、その後に映る風景の凄惨さたるや、なるほどこれは戦争だといった感すらある。それから再び左右を反転して、相手のボールペンの線が通過しなかった、生き残った歩兵の数を数える。お気に入りの丸が戦火を逃れていたのを見つけたときは喜んだりもしたが、その愛着の一つ一つも、結局は数に還元されて、勝敗が決まる。飽きずに何度もやった。

自由帳戦争の全盛期はまさし君が3年2組に転校してきて半年ほどたったころだったと思うが、それからしばらくしてこの遊びはもうしなくなって、それでも僕とまさし君はいつも一緒に遊んでいた。昼休みのドッジボールには毎日参加した。僕もまさし君も運動は好きだったが、得意では全くなかったので、正しい方向で活躍することは半ばあきらめて、ただボールをよけたり、変な投げ方を開発したりしていた。この態度はドッジボールに限らなかった。やんちゃな子、しかもだいたいドッジボールが得意なタイプの子が、僕たちに乱暴な方法で意地悪をしようとしたとき、僕たちはそれに屁理屈や挑発で対抗した。非力な僕らには、勝ち目のない暴力より、実に小学生らしい屁理屈だろうと、言論に訴える方に義があるように思えたし、挑発に乗って手を出した向こうを先生はいつも粛清して誰も僕らを否定しなかったのでそれでよいと思っていた。

僕たちにとって暴力は絶対悪だった。僕たちの暴力との距離の取り方が正しく、それが大人だとさえ思っていた。しかし、この子供がどういう大人になったかと言えば、暴力というものが分からない大人である。口先だけで少年期を生きてきた僕は、その間に着々と成長していく身体に着実に備わっていく潜在的な暴力性に気づくことがなかった。そのせいで、僕は身体の動きについて考えるとき、常に観念的で、暴力との実際の距離感がわからない。なぐりで殴れば人は死ぬと言われれば思わず笑ってしまうし、屠場では豚肉が生産されていると言われれば納得してしまう。だから、人を殴ることより、人を殴ることの生々しさを経験から知らないことの方が恐ろしいということにも、屠場では豚が殺されていることにも気が付かない。例えば、時は飛んで中2の体育。跳び箱の踏切版を背中に担いで片づけていたまさし君の背中に飛び乗ったら、どれだけ高く飛べるだろうと思った僕は実際試みて、二人とも倒れた。飛び乗るどころか、結果的にはただ飛び蹴りをしただけだった。まさし君は当然重症。

暴力との距離感が掴めない僕は、今も自由帳の暴力をたびたび表出させてしまう。もう自由帳も持っていないのに。しかしこの暴力はいたるところで見るように思う。そしてそれは、丸の一つ一つを愛することのできる人が暴力の対象をとるときは、それを無味乾燥な丸の塊としてしまう場合だったりする。 

夏休みになったらまさし君に会いに行ってみようと思う。別の高校に行った後相当ぐれたと噂のまさし君に。

終演しました。引退します。

 

作演出 齋野直陽

 

熱帯夜

夏公演と銘打ってはいますが、まだ夏じゃないです。

風呂入ってから寝ようと思うか、寝てから風呂入ろうと思うか、その違いが夏かどうかだと思います。

午後9時半にシャワー室が閉まるこの小屋入り環境では、いつ入浴するかということに制約がかかりますが、いまのところ、それを苦に感じるほどの蒸し暑い夜ではないです。

まだ夏じゃないのに夏公演です。

夏と言ってしまえば夏のような気もしてきて、でもこの夏は、劇団綺畸にとっては出会いと別れの季節です。蝉の鳴き声もまだ聞かないこの夏は1年の節目になっていて、昨年の今頃は、後輩の一年が終わってこれからは先輩の一年だと思っていました。

今年も夏が始まります。暑い夏になると思います。

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

まとまりのない個人的感傷


去年から私にとって夏の始まりは、夏公演通し1で行なう6分間のハケ待機です。誰も音を立てず、開けた窓から夏の気配だけが生き生きと騒いでいる。多分、公演のうちで胸が高鳴り膨らむ一番好きな時間は、通し1のハケ待機のたった6分間。

この6分間が嫌いな劇団員はいないんじゃないかなと、勝手に思い込んでます。
これから始まる劇団綺畸に費やす学生生活に期待を膨らませてワクワクするであろう新人、貯めて来た力の見せ所を淡々と待ち集中を高める役者、上下の学年をまとめて必死に公演準備を進め当日も忙しく通しを回す2年生も手を一瞬止め、純粋に作品の始まりを楽しみにする。来年のこの時間、私はどんなことを想っているのでしょう。

1年後、その場にいるみんながワクワクしていて、劇団綺畸で共有する6分間が好きだなぁと思えているといいなあ。

 

さて、大変恐縮ですが、この場を借りて………
今回で引退する先輩方!!!
先輩は、ハケ待機の6分間、どんなことを思ってましたか?
劇団綺畸で、演劇のこと考えて胸アツになってわくわくしましたか?
劇団綺畸、すきでしたか?
そうであっても、そうでなくても、きっと先輩方にとって劇団綺畸は3年間の大部分を占めるものであったに違いないと思います。
先輩にもらったものはたくさんあって、返せたものは全然ない気がします。
せんぱーーーーい
つぎはいつ、あえますかーーーーー
わたしたち2年生が初めて見た劇団綺畸の劇で、強く強く印象に残ったセリフです。

先輩がいなくなってしまった叩き場なんて、さみしすぎて、そんなの嫌だなあ。こうして毎日会って話して、土日なんか12時間一緒にいることはもう無いんですね。
夏公演、悔いなく、先輩に、感謝とか、いろんなものを全部、伝えて、こんどは1年生にいろいろなものをあげないとなあ。

本当に勝手に感傷に浸ってしまいました。
外の人にとってはどうでもいいことのように見えて、でも、こういう人の感情が裏でたくさんたくさん溢れているからこそ演劇は誰かの心を動かせるんだろうなと、月並みなことを思っています。
演劇をしてます!

舞台監督・舞台 小林

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

季節変遷に伴う更衣に於ける肩関節及び上腕部の解放宣言に関する一つの考察


季節の変わりめ、特に夏の始めには必ずといっていいほどちょっとした風邪をひきます。

 


窓を全開にしてノースリーブで寝るからなんですけどね。

袖から解放された剥き出しの肩を夜風がひんやりとさらっていくのが心地よくてやめられないのです。

 

 

 

 


劇団綺畸の名が刻まれた衣をこの公演で脱ぎます。

 

 

 


ーそんなことは本当にどうだっていいのですけれど!

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

ハワイに帰りたい

テーマが夏の始まりだそうで

5月だっていうのに初夏ムードですね
最高気温は25℃が続いて
夏が苦手な私には辛いです

桜も3月の下旬には開花して
4月の頭にハワイに行ってたんですけど
帰って来たらピーク過ぎてましたね
4月に開花して欲しくないですか?

夏の始まりと同時に
サマーインターンが始まります
今からかなり憂鬱です

さて、劇団綺畸の夏は「鴉神話」で始まります
ぜひご来場ください

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

まぶしい

去年の夏、狂ったように食べていた赤城のチョコアイスがおいしい季節になってきました。

去年の今頃はイキッた同期どもが仲良くしているのを見ながら、チッ馴れ合いやがってこんなとこすぐ辞めてやるからなとイキっていました。
母から借りた当制服は夏の始まりにしては暑くて、同期から入学式のお母さんだって馬鹿にされて本気でムカついていました。

ビラ配りと前説(失敗した)が終わればもう仕事は無くて、ホールの外で先輩たちの公演が終わるのを待っていました。新人は本番を見られなかったのでゲネで見た先輩たちを思い出しながら待っていました。

いいなあ
まぶしいなあ

って思いながら待っていました。

あと一回、もう一回って思いながら、もうすぐ大学に入って4回目の舞台に立ちます。
2度目の夏が始まります。

私が演劇を楽しいと思っているのかどうかも、演劇を続けたいと思っているのかどうかも、演劇が好きなのかどうかも、ぜ〜んぜんわかりません!考えるのって難しい。なんにも考えていない私にとって、色んなことを考えながら演劇をするみんなはまぶしくて、こんな自分が嫌になります。

私には、舞台に立ったときにあたる照明の明かりがまぶしいなってことくらいしかわかりません。
毎回、まぶしさに目が眩んでいるうちに続けています。

佐藤晴香

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

夏の始まり

2005年の夏。
友達が木に引っかけたゴムボールを取るために自分の頭ほどもある石を投げ上げた小学四年生が、同じ軌道を落ちてきた石に頭をぶつけて大怪我をした日、2005年の夏は始まった。


2007年の夏。
乱暴な兄の漫画を勝手に読んだ事がその兄にバレた小学六年生が、「もしも金を払わずにおれの漫画を読んだら」という条件に従って兄の「奴隷」になった日、2007年の夏は始まった。


2005年の夏は長かった。

大怪我をした小学四年生は、四針縫われた頭を段ボールに入ったメロンのようにネットで覆って、夏の間に市民病院に通うことになった。

やがて傷を治した小学四年生が市民病院に通わなくなった日、2005年の夏が終わった。


2007年の夏も長かった。

「奴隷」にされた小学六年生は、ある日は乱暴な兄の部屋にジュースを運び、またある日は乱暴な兄の乗る馬になって兄を二階の部屋まで運んだ。

やがて我慢の限界を迎えた小学六年生が泣きながら兄を何度も何度も殴った日、2007年の夏も終わった。


2005年の夏の事も2007年の夏の事も、全てを鮮明に覚えている。

木に引っかかったゴムボールは黄色かった事、市民病院の待合室には茶色い柱時計があった事、「奴隷契約」の条文が書かれたノートの端に「東インド貿易会社」と書かれていた事、兄が殴られながら忍び笑いをしていた事。


一方で思い出せないのは2人の小学生の事だ。
待合室の柱時計の色は思い出せても、それを見つめる小学四年生の退屈は思い出せない。
前歯をむき出しにしてにやつく兄の顔は思い出せても、それを殴る小学六年生の怒りは思い出せない。


私達にとって、間抜けで弱い彼らは他人に過ぎないからだ。


私達は彼らのような事はしないから、だから私達と彼らは違う。私達と彼らは違う事をするが、正しいのは常に私達である。


正しさは必ず、彼らより多くの事を考えて生きている私にあるのだから。

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰