劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

フッ軽オタクがたどり着いた先は宝塚⁈

私にとって演劇とは?うーん、なんでしょうね…


突然ですが、私の家の本棚には演劇のチラシ、当パンコーナーがあります!!
(記念に取っておいて、途中から増えすぎて訳が分からなくなっただけなんですけど笑)


その禁断のコーナーを整理整頓しよう!と思いやっとこ手をつけた春休み…


どうなったかって?


(片付け中)
あっ、これはこんな劇だったなぁ〜
舞台美術素敵だったな〜
吉田鋼太郎さんでてる!見に行きたかった〜


などと思い出し、一切進みませんでした…


去年劇団綺畸に入団したことがきっかけで知らなかった劇団の劇もたくさん見ました。
学生演劇、小劇場演劇、大衆演劇、アングラ演劇、ミュージカル、2.5次元、宝塚、なんとドイツ語の劇も見に行ったんですよ!!
(ドイツ語の劇はチラシに衝撃を受け見に行きました。舞台の使い方はもちろん、構成に衝撃を受けました!!またみたいな〜ドイツ語は一切わかりません。)


実は劇団綺畸の内部で1番観劇回数多いのでは?と思うくらい見に行ってます!
(スカステで見る宝塚作品を含めたらもっと沢山…私は演劇は劇場に行って生で見るのが醍醐味だと思っているのでテレビで見るものは別枠にしておきますね)
というわけで、これからもたくさんの劇を見に行きますので、是非オススメ紹介し合いましょう!


いやーそれにしても、私としては宝塚にハマるのは50歳くらいになってからにしておけば良かったなと思いますよ……(今ハマっていることに後悔はないですが笑笑)


いつか、大好きな友人と一緒に宝塚に引っ越し、素敵な宝塚ライフを送りつつ、色々なところに観劇旅行に行き2人で幸せな時間を過ごしたいです。(妄想)


最後に私にとって演劇とは…
いつの間にかそばにいて気持ちに寄り添ってくれたり、励ましてくれたり、元気にしてくれるそんな存在です
まあなにより劇団綺畸で演劇をやるのが楽しくて、みんなが大好きだ!って自信を持って言えます。(今のところはね😉)


もし劇団綺畸に興味をもってくださった方は是非気軽にご連絡ください。


舞台、小道具 小椋桃花

「お芝居やってます」ってずっと言ってきたのに、これからは何て言ったらいいんだろう…

こんにちは~
役者3年のじゅんじゅんです。


わたしがお芝居を始めたのは高校生のときです。


みんなあることだと思うけど、言いたいことがあっても言葉が出てこず上手く伝えられなくて後になって後悔する、っていうことが多くてそれが嫌で、台本のある世界に飛び込みました。


台本のある世界は、伝えたいことを伝えるための土台が台詞として用意されている上に、ちゃんと伝えられるように前もって準備ができるっていう点でとっても楽で、生きやすいです。


あとは、わたしはすごく無知なので、いろんな役柄や世界観を体感できるのは刺激になります。


それに、なんか、稽古をたくさんすると、それだけ演技中に考え事をしなくてよくなるんですよね、慣れてしまうのは良くないんですけど、でも、稽古でやったことを何も考えずに思いっきり身体や声で表現するのって心地よいです。


いわゆる自己満足ですね。


あらかじめあった台詞を使って、勢いにまかせて感情を発散させて、その役の属性の人達を理解した気持ちになるって、結局、自己満足のためにお芝居をやっているのだと思います。


お芝居をする機会がもう無くなろうとしていて、それに対して今のところ悲しいとかいう気持ちは沸いてこないけど、どうせまたやりたくなってうずうずしちゃうんだと思います。


主宰・役者3年 じゅんじゅん

「私も考察がしたい」

こんばんは、皆さんはいかがお過ごしですか?
私はオンライン授業になって1日の中にこんなにも有意義な時間があったんだと気づく反面、友達と直接会ってお喋りしたりどこかに美味しいものを食べに行ったりしたいなとも思ったりします。


さて、今回は「私と演劇」というテーマだそうですね。...ん〜.....困ります.....。自分がどうして演劇をやっているのか改めて考えてみるとよく分からないものですね。
興味本位で顔を出した新歓で仲良くなった子がいたから。それくらいしか理由がなかったのです。


よく考えた結果、1つ言える事は好きな役者さんの演技をきちんと見てそれを表現する力(分析力と語彙)が欲しかったのかなと思います。
今までは歌がうまい!声がいい!顔がいい!などの面でしか良いところを表現する事ができませんでした。彼ら彼女らの職業の要は演技であるはずなのに自分は演技の知識・経験がないためにきちんと演技を見る事ができていないのではないか、その仕草や表情に隠された意味を知りたい、そんなもどかしさを感じていました。だからその状況下に身を置くことで少しは"演技"を知り役者さんの技術を見て表現することが出来るようになれるんじゃないか、なれたらいいなと思っています。
これは後付けの理由です。


結局きっかけ・決め手というのは人それぞれで、その人のタイミングなんだと思います。何かを始めるのに理由なんていらないんじゃないでしょうか。


役者・映像2年 佐々木

考えた事など

「私と演劇」について書こうと思ったとき、特に何も浮かばなかった。
ぼんやりとしたことしか考えられず、とりあえず書こうとしてみるが、書けない。
書きたいことが無い。
そもそも、考えていることが特に無い。
自分の演劇に対する無関心に驚いた。
演劇好きとか言いつつ、実際は別に好きでもないのでは…?


じゃあなんで演劇をやろうと思ったのか?なんで綺畸に入ろうと思ったのか?


多分、理由なんかない。
強いて言えば、高3の時やった劇がなんとなく楽しかったから大学でもなんとなくやることにしただけ。


こんな感じで、演劇を選んだことに理由をつけようと思えばつけられるが、後付け感がすごい。多分誤り。
でも、綺畸を選んだ理由なら答えられる。単に、一番熱中できそうだったから。


正直なところ、熱中できるものであれば、演劇じゃなくてもよかった。
何かのスポーツでもよかったし、音楽でもよかった。
とにかく、何にも熱中せず、何となく学生生活を終えるのは嫌だと思っていた。


この感覚は昔からあって、小中高と部活大好き人間だった。練習がたくさんあると喜んでいた。楽しかった。


でも、同じ競技を続けることはしなかった。
小学校ではサッカー、中学校ではバスケ、高校ではバレー。
競技自体に対する愛情なんてこれっぽちもなかった。


結局、何が愛するものがあってそれに熱中するのではなく、熱中すること自体を愛している。
厳密に言えば熱中して愛が生じるのだろうが、私はそこまでいかなかった。
熱中ごっこの自己満足で終わっていた。


この原因はなんだろう。


とりあえずの答えは、常に退路を保持しようとする自分の性格だ。
引き返せなくなるのが嫌なのだ。もう無理だと思った時に、逃げられるようにしておきたい。
割とこの感じは人間関係にも出てしまっている気がする。
熱中したつもりになりながら、どこかで終わりを意識している。丁度いい区切りを探している。


こんな感じの性格になった原因は分かっていて、きっと避けられない運命だったと思う。
ただ、そんな生き方に不安を感じている。
このまま生きていっても、「私」はぼんやりした全体にしかなれないのでは…?
演劇に関してぼんやりしているように、ぼんやりを広げていくだけでは…?
なんとなく、そんな終わりは嫌だと思う。
また「なんとなく」だけども。


書いていて思う。これは自分の生きていない人生に対する過剰な期待では?と。
そんな気もする。
こればっかりは分からんですわ。
ただ、とにかく、それを確かめるためにも、そちらの人生も生きてみたい。


そういうことで、方針転換してみようと思う。
退路を保持しながらチョロチョロするのをやめ、何か一つに、本当の意味で、熱中してみようと思う。
その対象はとりあえず、演劇。
たまたま演劇をやっているので、そうする。
退路を断って、取り組んでみる。
少しずつ断ち切りは始めていて、このブログもその一つだったりする。
この方針転換が、私を生かすか殺すか、楽しみでもあり不安でもある。
まあ、どう転んでもそれはそれでいいでしょう。


そんな、情熱に欠ける、消極的な決意表明です。ありがとうございました。

 


役者 2年 田中賢志郎

異空間

今まで、なぜ演劇サークルに入ったのか、と聞かれたら、なんとなく、と答えていたんですが、改めて考えてみると、はじめて駒場小空間に入った時に感じたものに影響されたのかもしれません。普段目に入るものとは一線を画す、客席・暗幕・舞台・照明・音響などなどなどを見て、この場所はまだ自分の知らない場所だと思って、興味を持ったんだと思います。


入団から1年経ちましたが、劇場が自分にとって非日常的な場所であることには変わりありません。また劇場が使えるようになって、劇団綺畸で音響をやったり他劇団のつくる劇を観たりすることができる日が来ることを心待ちにしています。


音響・web 今野

私と綺畸

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
私の名前はぽんずといいます!
どうぞよろしくお願い致します!

ということで、私と演劇についてお話をしていきたいと思います!
私がなぜ綺畸に入ったのか、それは綺畸の雰囲気にとても惹かれたからです。

私は中学高校と吹奏楽部に所属していました。
どちらもか~なり厳しめな部活でした。中学の時には、怒って帰ってしまった先生を駅まで走って追いかけたり、高校の時には朝2時に起きて4時に学校に着いて練習を開始したりと、今思い返せばなかなか無茶なこともたくさんしていましたが、まあなんだかんだ部活はたの…楽……楽しかったです!!!()

大学に入りいくつかのサークルをまわる中で、綺畸の新歓に行きました。
吹奏楽一筋だった私には演劇の知識など全くありませんでしたが、先輩と話をしていく中で綺畸の雰囲気にとても惹かれていました。
楽しい時は楽しく、厳しい時は厳しく、という今までの部活に似た雰囲気が綺畸にもあったからかもしれません。

こうして私は無事に劇団綺畸へ入団しました!
制作は劇団全体の動きを管理していることもあり、どうやって劇が完成していくのかを間近で感じることができました。
チラシの折り込み、ホールの準備、お客様のご案内、初めてのことだらけでしたが、どれもとても新鮮でとても楽しかったです。

ところで劇団綺畸では夏休みに夏合宿を行うのですが、制作は夏合宿でだけ、団員のご飯を作るんです!
昨年はカレーや青椒肉絲などいろいろ作りましたが、一番好評だったのは19人分卵を焼いて作ったオムライスです!食材の買い出しから帰ってきた瞬間、「ママーー!」とみんなに言われたのはいい思い出です笑

少し話が逸れましたが、綺畸は本当にアットホームで仲のいい劇団です。
綺畸に入って知ったことはたくさんあります。
宣伝物のデザインや折り込みの戦略、前説の言葉や誘客方法などを考えるのは難しいことですが面白いです。
他のセクションの頑張りを知ることで、ライブに行っても「えっ!ここの照明さんと音響さんエモッ!!」とか「ここの映像神!!」とか思うようになりました。

今年は新人公演ができず、同期との活動があまりできていないことが寂しいですが、また公演ができるようになったら思いっきり楽しみたいと思います!!


<あとがき>
このおうち時間を利用して大好きな指輪物語(九冊)を七日で読んでみたり、なぜか毎日増えていく課題を淡々とこなしたりしていますが、ちょっと前から手話のお勉強を始めました(某アイドルの方に影響されたことは言うまでもありませんが無視してください)。
次に綺畸の皆さんと会う時には少しできるようになっているかもしれません。

<あとがきのおまけ>
新公のために買ったお菓子は溶けていたり湿気ていたり賞味期限が危うかったりするかもしれませんがいつかみんなで食べてください。


制作2年 ぽんず

出会えてよかった

少しでもタイミングがズレてたら、多分劇団綺畸に入ってませんでした。たまたま図書館のオリエンテーションで隣になった子と仲良くなって、その子が綺畸の新歓行ってみようよって言ってくれたことが私の演劇人生(?)の始まりです。高校生の時の私は大学になったら自分が演劇をやってるなんて1mmも思わないと思います、というか思ってなかった。


演劇を2年間やって大変だったこと、苦しかったこと、きつかったこと、沢山ありました。でもなんだかんだそれを上回る位楽しかったんだと思います。良いプランが完成した時の個人的な達成感とか、初ステ開けた時の安堵感とか。初めて本公演でプラン切って、友達が凄く良かった!って言ってくれた時の喜びは忘れられません。


なんだかんだ思う事は演劇始めてよかったってことです。演劇をやってなかったら、きっと味気のない大学生活を送ってだんだろうなって思います。少なくとも私の人生において演劇と出会えた事は凄く大きなことだったんだろうと思うくらいには、演劇のことが好きです。


3年 照明・映像