読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団綺畸稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ演劇サークルです。名前の由来は「綺麗な畸形」。

まぼろし


音楽を聴くのが好きです。移動中、作業中に、色々なものを聴いています。
色々、と言いましたが、一回ハマると同じ曲ばかり聴いている時期というのがあって。そういう曲は私の記憶と結びついて、それ以降聴くたびに、あの時こればっかり聴いていたなーと、当時のことを鮮明に思い出させてくれます。
この一年で幾つかの公演を経験しました。大学に入ってから始めた演劇はそれに関わる何もかもが新鮮で、全ての公演に抱えきれないほどの思い出があります。それと、気づけば毎公演、私の中には勝手にテーマソングのようなものが出来ていました。それは大体の場合公演の内容とは全く関係がなくて、その練習の行き帰りによく聴いていただけだったり、それこそその時期ハマってただけだったりするんですが。それらの曲は聴くたびに公演の思い出を、見ていたもの聞いていたもの感じていたことなんかを、私の元に運んできます。
たとえば新人公演の時に聴いていた曲は、役者と演出家とがみんなで仲良く練習をしていた、あの頃の稽古場に感じていた愛おしさのようなものを。冬公演の時に聴いていた曲は、みんなが練習する光景や、開けた窓から吹き込む風の冷たさを。そして夏合宿の時に劇中で歌った曲は、初めは悉く苦手だった班の三人の役者たちの、それでも、長い時間を過ごす内に、四人でいる時間が得難いものに変わっていったあの人たちの、楽しそうな笑い声や笑顔なんかを。聴き返すたびに私に思い起こさせてきます。
そんな感傷が始まったのはちょうど一年前の夏公演でした。まだお手伝い、という形でしたが、初めて関わった劇が全て終わった後。疲れ切って電車の席に座るなり、その時期好きだったある曲を聴きながら帰ったあの昼下がり。
一年。あれから一年経ちました。もう一年、という感じも、まだ一年、という感じもします。ずっと夢を見ていたような気すらします。が、とにかく、一年が経ったわけです。私は今でもあの曲を聴くたびに思い出します。あの電車の揺れを、あの時見た景色がキラキラしていたことを、あの日の肌にまとわりつくような暑さと湿気を。曲のイントロと同時に、あの空気がまた何度でも私を包んで、

どうやら、また、夏が始まる。


2年 役者・映像 栗原新奈

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

夏の始まりと終わり

生来がインドア派なので、「季節の終わりや始まりをふとした折りに感じた」みたいな経験が今まであまりなかったのですが、綺畸に入って舞台屋になってからというもの、嫌でも季節を感じます。
なにせ基本的に屋外で作業をするので、夏は暑いし冬は寒い。
どっちにしろあまり嬉しくない。

とはいえ偶には、嬉しくなくもないやり方で季節を感じます。
たとえば冬公演の叩き期間中、冬の夜の冷たい空気の中、少し向こうのベランダから聞こえてきたアコギの音と歌声は、やけに印象に残っています。
曲は「丸の内サディスティック」で、べつに大して上手かったわけではなく、つっかかるたびに少し戻って歌い直す、という感じだったのですが、椎名林檎とは似ても似つかないか細い歌声が、冷たく張り詰めた空気をかすかに揺らしながら伝わってくるようで、やけに惹かれました。

今日なんかも、ブログのネタがなんにも思いつかないまま気がついたら締め切り日になって、どうしようと思い悩むまま日も暮れかかった頃に、今年初めて聞く蝉の鳴き声が響き始めました。
夏の始まり。
そんな感じで、このブログを書き始めました。

蝉の鳴き声と共に始まった僕の今年の夏は、鴉の鳴き声とともに終わります。
新人公演とは違った苦しみ方をしているので、終わったときには違った感慨があるのかもしれない、という気がしています。
そんな感じです。

 

舞台・小道具 中石

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

守宮

母方の祖母の家が建て変わったのは6年前の、たしか初夏、だった。

覚えている限りでは、はじめて足を踏み入れたのは三歳とき。それから四五年間が空いて建てて替わる前の数年間――叔父がまだ独身だった頃や、祖母の家がまだ祖父母の家だった頃――私たち兄妹は頻繁に遊びに行っていた。

家に上がり手を洗うと、真っ先に仏間に行く。仏壇の隣には床の間があって季節ごとに掛軸が変わっていた。その片隅にはガラスケースに入れられた日本人形。窓辺の棚には何やらいかめしい香炉があった。仏間の端には叔父の結婚をきっかけに買った黒檀の卓が寄せられていて、大人数で食事をするときはその周りを囲んだ。小学校に上がる前によく仕事から帰ってきた叔父に遊んでもらったのも仏間だった。

仏間で手を合わせたあとは、台所でおやつを食べる。祖父母の家で出される林檎は蜜が多くてとても甘かった。お昼どきに行くと祖母が、夏には素麺、冬には鍋焼きうどんを作ってくれたものだった。壁に母の絵。カウンターの写真立てには、祖父母と私たち兄妹が旅行に行った時の写真。叔父が家庭を持ったあとは従弟の写真や叔父一家と写った写真もどんどん増えていった。

何か食べたあとは居間で祖父と、あるいは兄妹でテレビを観ながらくつろいでいた。柱には小さな振り子時計がある。ときおり、本当にときおりだったけれど、ボーン、ボーンと刻の数だけ鳴る時計だった。もっと小さかった頃には居間の炬燵で昼寝をさせられていた。私はなかなか寝付けずに、早く寝ないと灸するぞ、とおどされたのを覚えている。

くつろぐのに飽きたら応接間に行った。応接間は北向きで、夏場は少しひんやりしていた。アンティーク調のランプに、ガラスの卓。革張りのソファ。壁には鹿の頭や錦蛇の皮が飾られていて、そこだけヨーロッパの家みたいだった。応接間の隅にはかつて母が使っていたピアノ。触ってみたくて家でメヌエットの右手だけ覚えてみたり、ねこふんじゃったを練習してみたりした。どちらもものにはできなかったけれど。

応接間の隣には物置になったかつての母の部屋がある。開けるとすこし日陰の匂いがした。怪しげな箪笥が置いてあったり、雛人形やかき氷機がしまってあったり、表に出ないものの大方がそこにあった。

物置から仏間の端まで縁側のような廊下が続き、古ぼけた「冷蔵庫2号」がぽつんとあった。叔父のビールや私たちが出してもらったジュースはすべてそこからやって来くる。夏場に寝そべると黒鉄の風鈴がきこえる。

6歳か5歳かのときには2階でよくかくれんぼをしたものだった。2階にはベランダの他に祖父母の寝室と叔父の寝室とがあった。
叔父の寝室には母のものと思しき人魚姫のオルゴールと、うっすら埃のかかったランプとがあった。叔父のベットはスプリングがよくきいていて、隠れるのにはあまり向いていない。
祖父母の寝室にはたくさんの記念メダルやコイン。アテネトリノのずっと前、長野や札幌でオリンピックがあったことをそれらは教えてくれた。好奇心からのぞいてみた祖母のドレッサーからは白粉と香水の混ざった匂い。

* * * * *

叔父の結婚後も、隣市の中学校に通うようになってからも祖父母の家は形を変えない、親しい家であり続けた。

建て替えのきっかけは7年前の冬、祖父が亡くなったことだった。あまりにも急で、そこから先のことは中学生だった私にはよくわかっていない。ただ、祖父はもういないのだというどうしようもない事実と続いてくはずだった日々がぷっつりと途切れてしまった恐ろしさだけがあった。

以後として、時間がいつの間にか過ぎていく。そのめまぐるしさの中で、一人で暮らすことになった祖母と叔父一家とが同居することになったこと、祖母と小さい従弟とのどちらにも暮らしやすい家にした方がいいという話で進んでいったらしいこと、を聞いた。

* * * * *

そして6年前の初夏に話は戻る。建て替わった家に家族でお邪魔して食事をした。今もお盆やお正月にふたつの家族が集まって食事をする。

仏間はダイニングキッチンに、居間はダイニングに繋がった子供部屋兼リビングになった。母が使っていたピアノはダイニングに移った。従兄弟たちの誰かがピアノを習うのかもしれない。

新しい仏間はこぢんまりと、かつて応接間だったところにある。ソファをはじめとした応接間にあったものたちがどこに行ってしまったのか、私は知らない。新しい祖母の、叔父たちの家のどこにもないということの他は何も。2階がいまどうなっているのかも、どんな生活があるのかもやはり知らない。知らなくていいのだと思う。もう、そこは祖父母の家ではなくて、祖母の、いや、叔父叔母の、従兄弟たちの家だから。

初めて訪ねたときからおよそ18年が経った今年の1月、成人式の前にまた家族で集まった。下の従兄弟たちは祖父のことを知らないし、受験と上京で少し遠ざかった私のこともあまり覚えていないようだ。こうして、外からも内からも住み代わっていくのだろう。

* * * * *

母から祖父母の家がある土地は、昔は洋服屋だったのだと聞いたことがある。その当時のことや、母がそこで暮らしていたことは想像すらできない。けれど、建物の形を変え、住む人を変え、確かに営みは続いていくのだろう。それぞれのやり方で、どこか似たような営みが。ソファが、地下室がなくなっても物置や手洗場の場所が変わらないのと同じように、いままでも、これから先も、ずっと。


役者・小道具2年 青本

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

夏の始まりを告げるもの

最近毎日ワンピースばかり着てるな、と気づいた時、ああもう夏が始まるんだなと思います。

一年中ワンピース大好きですが、特に夏は断然ワンピース派です。夏物のワンピースは可愛いものが多いし、涼しいし楽だし。夏はワンピースを着る頻度が増えるので、私にとってはワンピースは夏を感じさせるものの一つです。

夏が来たと感じる瞬間は人それぞれだと思いますが、一足先に夏を感じたい方、駒場小空間に足をお運びになってはいかがでしょうか。

6月上旬に真夏の熱気を感じられる…かもしれません。

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

白のワンピース

お気に入りのワンピースがあります。

高校一年生の頃、店頭で一目惚れして、当時の少ないお小遣いをはたいて買った白のワンピースで、ベージュのストライプの入った、いかにも夏!みたいな、シルエットの可愛いやつです。麦わら帽子が似合いそうな感じの。

もう買ってから何年も経ちますが、夏場に着る服では今でもそれが一番お気に入りです。

最近、物の扱い方って、結構みんな人それぞれなんだなあって思うことが多々あります。私は、一目惚れとか、これは運命だ!みたいに思ったお気に入りのものを、ずっとずっと使い続けて、それがボロボロになってもボロボロになったことに気が付かないくらい愛着が湧いてしまって、本当に全く使えなくなってしまうくらいになってやっと、買い替えようか考えます。でも、買い替えようかと思っても、次の運命の出会いがあるまで、なかなか買い替えられないんですよね。ボロボロになったものを使い続けるのは、周りからみていても、あまり心地の良いものではないと、頭ではわかっているんですけど。

運命の出会いなんてそうあるものじゃないので私の周りにあるものはボロボロになってしまったものばかりだし、一度好きになってしまったらもう嫌いになったりするのは難しくて、たとえその運命の出会いをしたものが欠陥品だったことに気付いたとしてもなかなか捨てる決心がつきません。(機能性よりも見た目を重視してしまう私の性質のせいもあるのかもしれないですけど)その欠陥をどうにかして工夫して受け入れて、使い続けようとしてしまうことも少なくありません。もしかして、物が捨てられない人ってこういう思考回路なのかな。

長くなってしまいました。

夏の始まり、私は毎年、お気に入りの白のワンピースを思い浮かべます。

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

「あいつと芝居やってたんだぜ」って今の仲間達がいつか自慢できる人間になる為の現在の在り方について

物語ではなく現象である。世界の縮図である。この二つ、もしくはさらにいくつかを加えた要素群は芝居を考える上で非常に重要です。そしてこの二つを成す為には仲間の存在は不可欠です。きっと一人芝居をする時も背後には今までの仲間達の面影が在り続けるだろうと思います。

ところで、演劇の最も面白い部分は人が為すところだと思っています。コンピュータを用いようが映像を用いようが俳優の存在を排除しようが、人間という存在を基準にせざるを得ません。

しかし、人が為す演劇はどうしようもなく偽です。いくらドキュメンタリーに近づこうと真ではありません。極端な話、本当にあった事を本当にあった場所でそっくりそのままやってもそれは偽です。だから面白い。我々は偽をいかに真に、あるいは真より真らしいものに見せるかに苦心し、その過程の中で偽に偽を重ねたり真に近づこうとして失敗する偽を見せてみたりするわけですが、この偽の領域から真の領域への写像こそが演劇です。

偽を真に変換する営みには非常に大きな力があります。言霊と言ったり予言の自己成就と言ったりその他様々にこの営みは表現されますが、どれもこの写像の性質を表していつつ、その全てを表し得ていないと感じます。それは、全てを把握できるものではないからです。だから演劇は論じにくく、だからこそ面白く様々な発見を齎してくれるのだと思います。

2017年6月で劇団綺畸の現役世代としてこの写像を仲間と作るのは最後になります。先に宣言しておくと、僕は仲間の中で一番最後まで演劇を続けます。そしてこれから作る演劇の全てに今までの仲間の影響が必ずある事を加えて宣言します。これは現在進行形で偽から真へと変換される写像であり、自分自身に掛ける呪いであります。どうかこの呪いが解けませんように。

岩崎

 

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

傾奇者/婆娑羅/伊達男

「好き」という意味ののことばの中でも、私は「傾慕」という単語が好きです。

 

意味は、いたって普通で「深く心を寄せてしたうこと」ですが、何よりその漢字の並びが大好きです。

慕う対象への姿勢に対して「傾く」という言葉を充てる昔の人の感性には、思わず嘆息してしまいます。

 

「心を傾ける」という慣用句にもあるように、感情は、すべて心の角度です。

心の角度の表現型として、身体の角度が現れます。そして、またその逆も然り。

 

感情に端を発して体が動き、体が動くから感情も動く。

 

異性でも、先輩後輩でも、趣味でも、はたまた学問でも、好きなものに対する私たちは心も体も傾いています。

 

前のめりだったり、綱渡りだったり、うつむいたり、寄り掛かったり、逆に反動形成でそっぽを向いてみたり。

 

好き、という一見いかにも精神性しか纏っていないような感情が、意外にも身体性とともに在ることを、このことばは思い起こさせてくれます。

 

身体性といえば、演劇。

情熱を傾けるといえば、夏。

 

というわけで、演劇の夏が始まります。

(無理やりやろって思ったそこの貴方、大正解)

 

制作2年 川上

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2017年度夏公演

『鴉神話』

作・演出 齋野直陽

6/8(木) 19:00

9(金) 19:00

10(土) 14:00/19:00

11(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

入場無料・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰